www.mancef-coms2008.org

自己破産というものを行ってしまうと会社の社員たちに気付かれてしまったらもう顔も合わせられない、と人に知れることが怖いと真剣に感じている読者もぜひ安心して頂きたいのですが、自己破産というものを行っても公的な機関から勤め先に電話が直接いってしまうことはまずないので、通常のケースならば知られてしまうことはないでしょう。またはごく一般的な事案ならば自己破産に関する手続きをした後であれば、業者から会社に請求の電話がかかることもあり得ません。しかし、自己破産による債務整理の手続きを公的な機関に訴え出るまでの間においては金融会社から会社の同僚に書類が送られることもありますからそのような発端で秘密がばれてしまうようなことがありますし、月給の差押えをされれば当然、会社の同僚に知られてしまうことにならざるを得ません。かかる心配があるのであれば、専門の司法書士や弁護士などの専門家に自己破産申立の実行を頼んでみるという解決法を考えてみるのがいいでしょう。専門の司法書士ないしは弁護士などといった専門家に任せるということになれば、まずすべての業者に受任通知書郵送しますが、その受任通知書が配達された以降は債権を持つ会社が破産者本人に向けて直々に催促をしてしまうのは違法とされているので、上司などに事実が知れ渡ってしまうという結末を迎えることはまずないでしょう。加えて自己破産の申立て故に今の職場を退かなければいけないのか否か?という疑問については、戸籍又は住民台帳に書かれてしまうということは絶対にありませんから、通常だとするならば自分の上司に秘密が明らかになってしまうようなことはありません。最悪、破産の手続きをしたことが勤務先に知れ渡ってしまっても破産の手続きを理由に会社を追放するということは不可能ですし、自主的に辞める必要性も当然ないと言えるのです。しかし、自己破産の申立てが上司などに秘密がばれてしまうことで、職場に居づらくなって自主的に退職することがよくあるというのも事実です。月給の没収において、民事執行法の中で差押禁止債権という取り決めの中で賃金または給料などというものについて制定されており、このようなお金においては2割5分までしか没収を許してないのです。だから、これ以外の3月4日においては没収することは法律的に不可能なのです。なお、民事執行法内部で、一般的な社会人の最低ラインのラインを定めて政令によって水準(三三万円)提示しているので、それを下回るならば25%にあたる額だけしか没収できないように制定されています。つまり、借りた人がそれを越えて月収をもらっているケースはその金額以上の手取りを全て接収することができるのです。ただ、破産法の改正により免責許可の申込があり、同時破産廃止の決定といったものが確実になって、破産申告の終了がされていれば支払いの免責が決定し確約されるまでに関しては、破産を望む人の私有財産などに対して強制執行または仮差押、仮処分の適用などが執行出来なくなりそれ以前に行われている強制執行などについても中止されるように変わりました。そして、負債の免責が確定、決定をしたときには時間をさかのぼって終わっていた仮押えなどは効力がなくなるのです。
Copyright © 1999 www.mancef-coms2008.org All Rights Reserved.